PBMインプラント

新製品!

当社のインプラント向け光線療法装置

PBMインプラントはインプラントと骨移植の成功率を向上させます

PBMインプラントの光線療法による治療によって以下が起こります。

インプラントの安定性向上

光線療法は、細胞レベルでの治癒を目標としています。

骨移植を改善

骨移植および歯科のインプラントで機能します。

症例受け入れの増加

施術をしない患者さまの骨統合を改善します。

PBMインプラントが選ばれる理由

PBMインプラントにより、歯科医の皆さまは、以前は施術対象でなかった患者さまを治療できる可能性があり、結果として治療結果が改善されます。

これにより、患者さまの成功と満足度が向上するため、歯科医の皆さまは、より多くのインプラントの患者さまを対象に治療ができます。 PBMインプラントは、光の力のみを使用しているため、非侵襲的です。 この科学についてもっと学びましょう。

歯科医の皆さまが満足される結果

患者さまの体験が改善

PBMインプラントの臨床的利点

口腔内フォトバイオモジュレーション装置

フォトバイオモジュレーションは、外科的欠陥の骨修復が改善される可能性があります

対照群と比較し、照射された欠損および外科的創傷において、骨形成の増大と加速が見られました。

インプラント表面上の骨の最初の吸収は、インプラントの安定性に影響を与える可能性があります。 これは、インプラントの装填のタイミングと、インプラントが骨統合するかどうかを決定する可能性があります。

オッセオインテグレーションの発見以来、科学者や臨床医は、インプラントの特性を改善し、歯科インプラント環境を強化、骨統合に最適条件を提供することにより、オッセオインテグレーションの強化方法を研究してきました。

の科学 フォトバイオモジュレーション

フォトバイオモジュレーションの科学を用いて、PBMインプラントが作用する仕組みは、施術領域の生物学を強化し、骨と軟組織の治癒を改善し、歯の動きを強化、骨と周辺組織の治癒を改善することです。

アデノシン三リン酸 (ATP) の産生

+ミトコンドリアによるATP産生は、細胞機能に不可欠です

– 血液循環の低下で損傷した組織におけるATP産生は減少します

健康な細胞での状態

ミトコンドリアの電子伝達は(1)食物を「燃焼」、(2)プロトンを能動輸送(H +)(3)高濃度のプロトンはATPaseを介してATPを生成

損傷した組織での状態

傷ついた細胞は血液供給と栄養素を減少させ(1)「燃焼」(2)プロトンの能動輸送(3)ATP生成を減少させました。

PBM治療の活用

ATP production PBMインプラントの光線療法はチトクロームC酸化酵素を刺激してプロトンを能動輸送、>プロトン濃度の増加、>ATP産生の増加を促します

インプラントオッセオインテグレーションプロセス
PBM Implant science - implant wound

インプラントは

インプラント装填にともなう骨と組織への損傷

PBM Implant healing begins

治療過程

光のエネルギーは細胞に吸収され、ATPに変換されます。

PBM Implant day 1

増加したATPは細胞によって使用され、インプラント周囲の骨と周辺組織の治癒の加速を誘発することで、治癒時間を短縮します。

PBM implant Day 14

破骨細胞活性とインプラントの安定性喪失を伴う組織反応。 このプロセスは、PBMインプラントに関連する強化された骨治癒によって逆転します。

フォトバイオモジュレーション研究

PBMヒーリング社の製品をお求めですか?

私たちのセールスチームは、PBMヒーリング製品が皆さんの診療に役立つ方法についてお話できれば幸いです。