PBMオルソ

PBMオルソをアライナーまたは矯正器具と組み合わせて使用しますと、治療期間が短縮、 痛みが軽減されます。

PBMオルソは、歯茎の健康を維持しながら、歯列矯正治療に対する骨の反応を向上、歯の動きを加速させます。

歯科矯正治療を加速

PBMオルソは、光技術の力を利用して、患者さまご自身の治癒力を高める非侵襲的な方法です。

最先端の科学研究による技術を組み込んだ非常に革新的なアプローチを用いて、歯列矯正の方法に変化をもたらします。

PBMオルソを患者さまの治療に追加する理由

治療期間の短縮

診療時間の短縮により、学校など欠席する時間が減ります。 活動

治療時間の短縮

アライナーを交換するまでの治療時間が短縮され、より早く治療を終えられるようになります。

痛みの軽減

歯の移動時、矯正治療による痛みが軽減されます。

医師の皆さまへのメリット

医師の皆さまに治療計画の一部としてPBMオルソのご利用をお勧する理由

PBMオルソ装置

PBM Healing Ortho

柔軟で快適なマウスピース

使いやすさ

治療時間の短縮

穏便な治療

光治療を行う理由

PBMオルソは、赤外線ランプに似た850 nmの近赤外線の光を用いて、歯根周辺の骨や組織に穏やかに直接エネルギーを供給します。 植物や光合成と同様に、組織はこの光エネルギーを吸収し、化学エネルギーに変換できます。これにより、細胞が刺激され、骨や軟部組織の再生と歯の動きが加速されます。

の科学 フォトバイオモジュレーション

フォトバイオモジュレーション(PBM)の科学が作用する仕組みは、施術領域の生物学を強化し、骨と軟組織の治癒を改善。歯の動きを促進し、骨とその周辺組織の治癒を改善します。

アデノシン三リン酸 (ATP) の産生

+ミトコンドリアによるATP産生は、細胞機能に不可欠です

– 血液循環の低下で損傷した組織におけるATP産生は減少します

健康な細胞での状態

ミトコンドリアの電子伝達は(1)食物を「燃焼」、(2)プロトンを能動輸送(H +)(3)高濃度のプロトンはATPaseを介してATPを生成

損傷した組織での状態

傷ついた細胞は血液供給と栄養素を減少させ(1)「燃焼」(2)プロトンの能動輸送(3)ATP生成を減少させました。

PBM治療の活用

PBMオルソの光線療法は、チトクロームC酸化酵素を刺激することで、>プロトンを能動輸送し、>プロトン濃度とATP産生を増加させます

フォトバイオモジュレーションの背後にある科学

PBMヒーリング社の製品をお求めですか?

私たちのセールスチームは、PBMヒーリング製品が皆さんの診療に役立つ方法についてお話できれば幸いです。